PEOPLE & REPORT

クリニック授業~体験者の声~

法学未修者T.Rさん

授業体験者の声
People & Report

 私は、法科大学院修了後、弁護士になりたいと考えていますが、正直、初めは刑事弁護には興味がありませんでした。授業で、刑事弁護の重要さ、やりがい、今後の課題などのお話を聞いて興味をもち、刑事弁護についてもっと学びたいと思ったため、その授業の先生の「クリニック」を受講しました。

 身柄拘束から判決まで、各段階において被疑者がどのような制約を受けるのか、そのなかで弁護人はどのような弁論活動をしていくのかについて、実体験を交えてお話してくださり、刑事訴訟法で学んだそれぞれの知識が具体的にイメージできるようになりました。実際の事件の書面を見ることができることも、具体的なイメージに結び付けるのにあたり、大変参考になります。また、どのように保釈を求めるのか、どこに焦点を当てて弁論を組み立てるのが適切かなど、個々の事件によってそのやり方が異なるので、それぞれの被疑者に真摯に向き合うことが重要であることも学びました。

 さらに、裁判員裁判における冒頭陳述や弁論の仕方は特殊であり、法律の知識がない裁判員にどれだけわかりやすく伝えるかが重要であることを教わりました。担当した際の苦労などを交えて教わることができ、とても勉強になりました。

 先生が被疑者役を演じ、学生が弁護人として接見を行うという模擬接見の授業では、自分が適切に接見ができないことに驚きました。自分自身の理解が足りず、言葉に詰まることが何度もあり、また、理解しているつもりでも、その理解が不十分であれば法律を学んだことのない人に分かりやすく平易な言葉で説明することはとても難しいのだと改めて感じたからです。この模擬接見の授業を通して、本当に理解できているのかどうかをとても意識するようになり、日頃の勉強の姿勢が変わったと実感しています。

 今後は、このような姿勢を忘れずに、具体的な紛争をイメージしながら知識を深め、依頼者の利益を守り、共に戦う弁護士を目指したいです。