PEOPLE & REPORT

整えられた教育体制と学習環境

法学未修者 O.Yさん

司法試験 合格者の声
People & Report

 私は、法政大学の法学部法律学科を卒業しましたが、自分の知識に不安があり、ゼミの先輩からの助言もありましたので、法科大学院で改めて法律を学ぶために未修者コースに入学しました。入学後は、じっくりと司法試験に向けた学習をすることができましたが、私が司法試験に合格することができたのは、本大学院の教育体制と学習環境が整っていたおかげだと思っています。 

 本大学院の教育体制の特徴は、徹底した少人数・双方向教育にあります。先生方との距離も近く、授業の際はもちろん、授業外でも疑問などを尋ねることができます。私の在学時には、先生が勉強合宿を開催してくださり、有志で山梨まで行ったこともあります。また、学生同士や卒業生との距離も近く、先輩とゼミを組んでもらったり、司法試験に合格した先輩に指導を仰ぐこともできます。随時疑問をぶつけながら、能動的に議論に参加することができ、ただ受動的に話を聴いているよりも、深い理解を得ることができました。こうした先生方や先輩からのサポートは、司法試験に向けた学習の一環として非常に有意義なものだったと思っています。

 本大学院の学習環境も、司法試験に向けた学習をするために、とても良く整えられた設備になっています。学生には専用のキャレル(自習席)やロッカーが与えられ、そこで集中して勉強をすることが可能です。また、法科大学院棟には図書室も併設されていて、資料がほしいときすぐに確認できるため、非常にスムーズに勉強することができました。専用キャレルは、大学院修了後も司法試験合格までは在学時と同様に借りることができます。法科大学院棟は、年末年始期間を除けば基本的に開いているため、1年を通して集中できる環境で学習を積むことができました。私は修了後4回目の司法試験でようやく合格できたのですが、その間、ずっとキャレル(自習席)を借りており、在学時と変わらぬ環境で勉強ができたのは、司法試験合格を果たす大きな要因になりました。

 このように、法政大学法科大学院では着実な成長が期待できます。皆さんが本大学院に入学して司法試験に合格する日を楽しみに待っています。