PEOPLE & REPORT

全力で勉強できる最高の環境

法学既修者 I.Rさん

司法試験 合格者の声
People & Report

私は、既修者として入学し、修了後2回目の挑戦で司法試験に合格することができました。私が本大学院に進学したのは、学部生の時に法科大学院の授業を履修したのがきっかけでした。当時は、未修者の講義の一部が法学部生にも開講されており、私は「民事基礎演習」と「刑事基礎演習」を履修していました。まだ法科大学院の学生ではなかった私に対しても、先生方は他の大学院生と同じように接し、熱くご指導くださいました。「法政大学法科大学院なら司法試験に向けて全力で勉強できる。」そう思い進学することを決めました。

 本大学院では、徹底した少人数・双方向教育が確立されています。1クラスが5~10人ほどで編成され、授業は常に先生方との双方向で進行します。授業では必ず指名され、先生方からの問いに対して自分の考えを述べなければいけません。しかもそれらの問いは法律問題を考えるうえで重要な本質を突くものばかりでした。このような授業形態により、教科書や参考書だけでは身につかない「考える力」を養うことができました。自学自習をしたのち、授業に参加してクラスメイトや先生方と闊達な議論をする。これによりインプットとアウトプットのサイクルが自然と出来上がり、結果として全ての科目の理解を深めることにつながったと思います。

 私が受験した2度の司法試験はいずれも新型コロナウイルスの感染が拡大する最中でした。緊急事態宣言が出され首都圏の大学が軒並み閉鎖されるのに伴い、本学も入構が禁止される事態となりました。しかし、間もなくして徹底した感染対策の下、学校施設の利用が再開されました。充実した施設と豊富な参考書の下での勉強、そして仲間たちと学習できたことが合格に向けた高いモチベーションの維持につながったと思います。私は、本学のこうした迅速な対応がなければ、2回目で合格することはできなかったと考えています。

 本大学院では、先生方、事務の方、修了生の方々をはじめ私たちに関わるすべての方々が司法試験合格に向けた全力かつ最大のサポートをしてくださいます。本大学院は司法試験合格に向けて全力で勉強できる最高の環境です。こうした我々を支えてくれた方々と、司法試験合格という同じ目標に向かって共に高めあった仲間たちに最大の敬意と感謝の意を表したいと思います。